ただいまホームページ移行準備中です。

こちらのホームページは2015年5月29日までのものです。

2005年8月2日(火) 総務委員会で質問

2005 年 8 月 2 日(火)23:10 | 議会での質問 | コメントは受け付けていません。 |

 総務委員会で質問に立ちました。札幌医科大学は大学入試センターから経費をもらい、会場を借りてセンター試験実施の手伝いをしています。

 この大学入試センターからの経費の使途に関し、複数の新聞社が「経費の不正使用」等の報道をしたために、質問に立ちました。それはマスコミ報道の ように、札医大がけしからん経費の使い方をしたのか?もしそうでなければ、マスコミの報道と事実は少し違いそれによって道民が間違えた認識を持った可能性 があるからです。どちらが真相か公にする必要性を感じました。

 札医大は大学入試センターから経費を603万もらってセンター試験を行っています。普通の大学と違う点は、札医大には大きな講堂はなく、予備校を 借りてセンター試験を行っているということです。つまり他の大学とは違い「会場費」も経費としてセンター側から札医大に払われているのです。

 で、マスコミが騒いだのが実は「会場費が値引き(58万円の値引き)されているのにそれを黙っていた」というもので、その差額を「不正に使ったのでは?」というものでした。でも現実に調べるとそのような不正な支出はありませんでした。それは
(1)実際にかかる経費を請求する際には会場費の値引きが事前には、わからなかった。
(2)現実には603万円の請求をしたが、実際にはそれ以上の経費がセンター試験の実施には必要であり、値引きを受けてもそれを流用するような体制にはない
(3)値引き等で経費の差額が出てもそれを大学入試センター側に報告する制度自体が存在しておらず、センターからの経費はもらうだけの「交付金的な性格」を有していた
等々の理由から、マスコミが報道しているような事実がないことがわかりました。

 札医大の報道をご覧になってご立腹の方がいるかも知れませんが、そのような事実はなかったということをご報告申し上げます。